FAIL (the browser should render some flash content, not this).
TOEICとは

TOEICとは Test of English for International Communicationの略で、
日本語では【国際コミュニケーション英語能力テスト】と呼ばれるものです。

・テスト結果は合否ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。

【TOEICスコア:対応表】

レベル TOEICスコア 評価
A
990-860
ネイティブ並に文法、語彙や構文などを正しく活用でき、自らの専門外の分野に関する事柄でも十分に理解でき、適切な表現ができる。
B
865-730
通常会話や意思疎通には完全に問題がなく、反応や応答も早い。
個人差があるが、文法・構文上の誤りが多少見受けられる。しかし、業務上大きな支障はない程度。
C
729-470
通常会話であれば話の要点は確実に理解でき、反応や応答もできる。
表現力に不足があるものの、基本的な文法・構文は理解しており、意思の疎通は可能。
D
469-220
ゆっくりとした会話や、繰り返し言ってもらうなどの配慮があれば会話の内容は理解できる。
身近な話題であれば応答も可能であるが、文法・構文・語彙等に不十分な点が認められる。
E
219-10
簡単な会話をゆっくり話されても、部分的にしか理解できず、反応や応答も難しい。
会話も単語を並べる程度で、意思疎通が困難。



・評価の基準は常に一定であり、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。これにより受験者は正確に現在の英語能力を把握できたり、目標とするスコアを設定することが可能です。

・ListeningとReadingという受動的な能力を客観的に測定することにより、SpeakingとWritingという能動的な能力までも含めた、英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。

・テストは英文のみで構成されています。

・また、その国独自の文化的背景や言い方を知らなければ解答できないような問題は排除されています。

・TOEICの公開テストは1年に8回行われています。
テスト開催月は、毎年1月、3月、5月、6月、7月、9月、10月、11月の8回です。
事前に試験の申し込みをしなければ受験はできません。
申し込み締切は試験実施日の約1ヶ月前になるので、計画的にスケジュールを立てましょう。

申し込み方法は、インターネット、コンビニ、郵送(郵便局・書店・大学生協)などがあります。
それぞれの支払い方法は以下になります。自分に適した申し込み・支払方法を選びましょう。

◆インターネットでのお申し込み方法はその場でのクレジットカード又はコンビニ払いが可能です。

◆コンビニ店頭申し込みではセブンイレブンのマルチコピー機を操作し、セブンイレブンでのお支払いになります。

◆書店・大学生協では備え付けの申し込み用紙に必要事項を記入し、その場で受験料を支払う事になります。
その際に受け取った領収書と記入済みの申し込み用紙をTOEIC運営委員会東京業務センターへ送付すると申し込みが完了します。

◆郵便局での場合、TOEIC運営委員会へ申込書の送付を依頼します。
到着した申込書に必要事項を記入し、郵便局に持って行き支払いを済ませ、領収書と申込書をTOEIC運営委員会東京業務センターへ送付すると申し込みが完了します。


TOEIC運営委員会 東京業務センター
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル



 

海外留学情報TOP | 資料請求の流れ | 留学の基礎知識 | 海外各地の体験談 | 今週のオススメ | サイトマップ
運営会社案内 | 目的と国名で検索 | プログラム提供留学会社一覧 | 人気プログラムランキング | お問い合わせ
Copyright (C)Altavista,(C)Media Crew